FXチャートの解読法

MENU

FX初心者入門

FX初心者は知識も経験も少ないので、損失を出すことが多いです。FX初心者の損失を出さないためには、いつ損切りするかというポイントを設定することが大切です。 また、1回の取引だけに囚われず、トータルでプラスマイナスを決定するようにしましょう。

FXチャートの解読法

FX投資に取り掛かる際に忘れてはならないのがFXチャートの解読法です。
FXチャートの主な役割は、日々移り変わる為替相場をわかりやすくグラフ化したものです。
数値のみの画面では理解し難いですが、グラフ化にすることによってわかりやすくなります。
上手くFXチャートを使っていかないと利益を上げることが困難なので、見方をいつでも頭に置いておいてください。
外国為替証拠金取引の口座を開く場合に、手数料は必要なのでしょうか?結論からいうと必要ありません。
FX口座の開設だけであれば一切費用は発生しないので、簡単に申し込みできます。
さらに、口座の維持費も基本的に必要ありません。
口座に関する費用がいらないこともあり、いくつものFX業者を利用する人が多いのでしょう。
FX投資を開始する以前に、所有通貨数を決定しておくということも重要です。
所有通貨の量をあらかじめ決定しておき、それを超えるポジションは持たないでください。
このようにした結果、勝利しても、利益が薄くなりますが、損失も減ります。
FX投資で得た儲けは税金の対象なので確定申告がいりますが年間を通して儲けがなかった場合にはする必要がありません。
しかし、FX投資を継続するなら、増資できなかったときでも確定申告をしておくにこしたことはありません。
確定申告をしたならば、損失の繰越控除の制度のため、3年間までは、損益をトータルで合計することができます。
FXで利益を得るためには、暴落するかもというリスクをしっかりと考えることが大切です。
暴落は、考えられないような状況でも、大事を取ってそのリスクを推測したトレードをしてください。
FXにおいてはどう状況が変わるか分からないので、万が一のことも予測しておくようにします。
たとえば、ドルの場合ですと、利益を出しにくいのですが、その代わり、リスクも小さくなります。
投資の中でもFX投資をしているのならば、経済指標の発表日程は命運を分けるものですので、忘れずに確認したほうがよいでしょう。
経済指標の発表に連動するかのように、相場が意思を持つかのように大きな動きをすることがありますから、用心するようにしましょう。
同じようなアプリでも実は様々です。
中には経済指標の発表前にあるのと無いのとでは大違い、アラート機能付きのものもありますし、FX業者によりアラートメールが送信されるところもあるので、いいでしょう。
数十社ほどもあるFX業者のその大方は実際の取引と同じ画面で疑似体験できるデモトレードを設置していますので、これは必ず使ってみるようにしましょう。
あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうと損が出ることはなく、その業者の取引ツール自体の操作に慣れることができます。
手持ちの大事なお金をやみくもに投入して本番のFX投資をスタートさせるのはあまりにも向こう見ずですから、取引のあらましを理解できるようになるまでせっかくのデモトレードですからじゅうぶんに活用しましょう。
FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。
決済できずに含み損を抱えているポジションがあった場合、その割合があらかじめ定められているレベル以上になるとFX業者による強制的な決済が行われるのです。
その強制ロスカットが行われる前にはそれを知らせるために事前にマージンコールが発生し、口座に入金し、証拠金を追加することで業者による強制ロスカットを回避することができます。
注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものはFX業者ごとに違うので留意してください。
FXで投資を始めるときに頭に入れておきたいのがFXのチャートを読み取る方法です。
FXチャートとは、為替市場の動きをグラフで表現したものです。
数値だけではとらえにくいですが、グラフで表すとわかりやすくなります。
FXチャートを利用しないと利益をあげることは困難なので、読み方をつかんでおいてください。